読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その男運命につき ネタバレ【俺の奴隷になれ】

その男運命につき ネタバレと無料情報をお届けします

その男運命につき 1巻3話ネタバレ【接待占いはしない】

著作・作者  北川みゆき

 

 

その男運命につき 1巻3話【天下線】

 

 

 

”不動産王関口グループの土地やマンションを整理する

管理の全てを1社の不動産会社に任せる”

 

 

 

という大口の営業の仕事が

松平と同期の北大路に

会社から任せられた。

 

 

関口グループは

息子が次期社長になるため

 

 

北大路に「二代目の懐に入れってことだ」

 

 

その極秘情報に

「Jrが最近凝っているのは占いだ」

 

 

後に

なぜ占いに頼るようなことに

なるのかが

出てくる

 

 

強引に隣に引っ越しをさせられた

栞は

窓から松平と会話をするようになっていた。

 

 

栞は次期社長が

占いに凝っている話しを聞き

「接待占いなんか絶対しませんからね」と

断ったが

 

 

松平に

「会社が何百億も損をしてもかまわねーって

言ってるのと同じだぞ」と

取り合ってくれない。

 

 

それでも、栞は

「嫌です!!私はもう二度と占いでウソはつかないって決めました

たとえクビになっても」

 

 

中学のころ

友達に嘘の占いをして

ケンカ別れをしたことを

後悔しているから

「占いでウソはつかない」って言葉が、、、

 

 

 

栞は

松平への気持ちが揺れ動いていたときだったから

ガッカリして

「あんたなんかやっぱりクズ将軍だ」

と捨て台詞をはいてしまう。

 

 

関口グループのプレゼン当日

極秘情報だと思っていた

占いは

 

 

どこも知っていた情報だったため

占いの

オンパレード

 

 

そんな時

1人の男性が

次期社長のプレゼンをじっと

見つめていた。

 

 

自分はただの運転手だと

名乗っていたが

 

 

 

この男性が

カギをにぎることになる。

 

 

「誰も和正様の話しを聞こうとしない

接待なのか知らないが

持ち上げるだけで

胸の内をさらさない相手を信用しろと

言うのは

おかしな話しですね」

 

 

松平は”ハット”として

何かに気付く

 

 

順番がまわってきたプレゼンで

次期社長に

「我々と一緒にご足労

いただけませんか?」と

 

 

占いの”新宿のアンジュ”

栞のところに

連れて行った

 

 

栞は断ったが

「新宿のアンジュが必要なんだ」と

言う言葉に

栞は

手相を見て

 

 

「人の上に立って大成功する、、、

残念ですが

そういう線は出ていません」

 

 

そんなことを

言ってしまったため

次期社長を怒らせてしまった。

 

 

だが

「現実的な方です。

不安に思うことやお悩みが

あるのではありませんか?」

 

 

次期社長は

「周りに相談する相手がいなくて」

 

 

「私

父とは違うんだ!!

情けなくて、もう占いに

すがるしかないじゃないか」と

本音を吐き出した。

 

 

栞は

次期社長の手相に

頭脳線と感情線がつながっている

”マスカケ線”という天下取りの

1本の線を見つけ

 

 

「関口さんのは

つながりそうでつながって

いないのです」

 

 

「天下を取っちゃいましょう」

 

 

1本のマジックを取り出し

 

 

1本のマスカケ線を引いた

 

 

「欲しい線は

描けばいいんです。

ダメな線なんてありません」

と付け加えた。

 

 

松平は

見ていた

男性のところへ行き

 

 

「おわかりいただけましたか?

関口社長」

 

 

この男性は

関口社長だった。

 

 

「人を見るのが

営業の仕事ですから」

 

 

松平は

関口社長だと見抜いていた。

 

 

栞の

嘘のない占いで

大口の仕事も決まった。

 

 

 

これでその男運命につき 1巻3話は終わりです。

 

 

→まんが王国はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その男運命につき 1巻2話ネタバレ【チンピラみたいな男が実は】

 著作・作者   北川みゆき

 

 

その男運命につき 1巻2話【元サヤ線】

 

 

栞の占いは

列を作るほど人気になっている。

 

 

占いの列に混ざって

サングラスをかけたチンピラみたいな男が

並んでいた。

 

 

このチンピラみたいな男が

実は

”あっ”と驚く存在!!

 

 

男の手相に珍しい”元サヤ線”が

占いで出ていた。

 

 

このチンピラみたいな男は

占いをしてもらうために

並んでいた訳ではない

 

 

1枚の写真を出し

「人を探している」

と人探しのために並んでいた。

 

 

賃貸の物件案内で

松平は名前を見た瞬間

予想もしていなかった女性に

 

 

 

”ビクッ”となる

 

 

その女性は

松平が高校生の時の

教育実習の

英語の先生だったから

 

 

栞はこの女性に見覚えがあった

 

 

あのチンピラみたいな男が探していた

写真の女性だったのだ。

 

 

 

女性は

「私、バカだから人生失敗しちゃった。

全部を置いてきたの」と

松平が鍵を取りに行っているあいだに

栞に告白をする。

 

 

案内したその部屋は

外見も内もなかなかの年代ものだけれども

女性は即決で契約を交わし

カギの受け渡しをしていた

 

 

その時

 

 

栞が占いで

”元サヤ線”があると占った

 

 

 

サングラスをかけたチンピラみたいな男が

「見つけたぞ、手間かけさせやがって、、、」と

もの凄い勢いで

息を切らして階段を駆け上がってきた。

 

 

女性につかみかかって

「オレから逃げられると思うなよ」と

凄いけんまく

 

 

だが

松平はサングラスをかけたチンピラみたいな男に

「全部説明してもらおうか!オヤジ!!」

 

 

 

サングラスをかけたチンピラみたいな男は松平の父親!!

そして

現役の高校の英語の教師!!

 

 

おまけに

女性は松平の父親の再婚相手!!

つまり

女性は松平の義理の母親だった。

 

 

女性は松平の父親に内緒で

友人の連帯保証人になり

友人が逃げて

女性に借金が残ってしまい

 

 

女性は

自分のバカさ加減に腹が立ち

松平の父親

 

手紙と離婚届を置いて

家を出てきたと

いうことだったが

 

 

松平の父親は納得するわけもなく

それで

1枚の写真を持って探しまわっていた。

 

 

 

松平の父親

「家を売ってきた

帰るところがないんだ」

 

 

松平は

「これからは

親子3人で暮らすんだな」

 

 

女性のおなかには

松平の父親の子供を妊娠していると

見抜いていた。

 

 

服装はおしゃれにしているが

靴のヒールが

ぺったんこだったことに気付く

 

 

松平

ただ者じゃないな!

 

 

栞は

松平の隣の部屋が空いていたことに気付いて

提案するが

 

 

 

松平はあわてて

栞が住むことに決まったと

強引に

栞を住まわせることした。

 

 

「家賃が払えません」の言葉に

松平は「オレが払う」

 

 

栞は松平の

隣に住むことに決まった。

 

 

 

これで その男運命につき 1巻2話は

終わりです。

 

 

→まんが王国はこちら

 

 その男運命につきを検索

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その男運命につき 1巻1話ネタバレ【下半身の暴れん坊将軍】

  著作・作者 北川みゆき

 

 

その男運命につき 1巻1話

 

 

 

主人公の栞は

会社に内緒で占いをやっている。

 

 

それというのは

栞の父親の手術代を払うために

好きでもない占いを

やって手術代を稼いでいた。

 

 

 

 

資料倉庫で栞が必要な資料を探していたら、

海外支店から本社に赴任してきた松平が

女性社員とセ〇クスしていたところに出くわした。

 

 

 

「資料が見つかったので続きをどうぞ」

と言って栞はその場から立ち去っていく。

 

 

 

松平の歓迎会を断る栞を

「オレを見て眉ひとつ動かさない女は初めてだな」

と言ってのける自身が凄い

 

 

歓迎会を断った夜に

栞が扮装してやっている占いに松平が来た。

 

 

「30分後に女を連れてくるから

家を買う手相とかテキトーに言ってくれ」と10万円を置いて立ち去った

 

 

松平は栞が ”新宿のアンジュ” だと見抜いていたのだ。

 

 

30分後松平と一緒に来た女性に

 

 

「大きな買い物はしない方がいいでしょう」と

嘘の占いをしない栞は手相を見て言ってしまった。

 

 

 

その後

栞が営業部に異動になった張り紙が

貼りだされた。

 

 

それというのは

松平が人事部に掛け合って決まったことだと分かった。

 

 

副業を禁止している会社に報告されたくなかったら

「オレのために働くんだ」

と奴隷になって一緒に営業にまわることを約束させられていまう。

 

 

 

分譲マンションを探しているお客様案内で

栞が連れて行かれたのが

中学生のとき

嘘の占いをして別れたまんまの友達の

マンション案内だった。

 

 

 

久しぶりに会った友達は

「栞に見てもらわなければよかった」

と言ったことを謝りたかったんだ

ということを知り

 

 

謝りたかったのは栞だけじゃなかったことを知った。

友達とのわだかまりがとけた瞬間だった。

 

 

 

そのきっかけを作ってくれたのは

松平だったことに驚いた。

 

 

 

いくつもの不動産屋を回ってマンションを探していたとき

「私たちの話を聞いてくれ

ほんのひと言

占いが得意な中学の友達の話しもしたんだよね」

 

 

松平はそれを覚えていてくれて

栞を一緒に連れて来たのだと

 

 

意地悪で栞を案内に連れて来ただけではなかった。

 

 

「彼らの話しを聞いて

信頼を結ぶ

そこにウソがあってはダメだ」

 

 

 

「ウソをつくことを恥ずかしいと

思っているから営業に向いている」

と言われ

 

 

 

「占いは嫌いじゃないだろ」

とズバリ当てられて

 

 

クズ将軍だと思っていた

栞は

調子がくるってしまうと大笑い

 

 

 

会社の駐車場に戻った2人を待っていたのが

栞のパパから新宿二丁目のママになっていた

父親だった。

 

 

手術費用というのは

パパの性転換手術のローン

だと初めて分かったうえに

お尻と胸の手術をして借金が

増えていた。

 

その男運命につき 1巻1話ネタバレは終わり

 

 

→まんが王国はこちら 

 

 その男運命につき検索